English Experience Expedition(EEE):英語で経験をする冒険旅行

Liでは教師が同行し、世界を旅しながら言語を上達させるEnglish Experience Expedition (英語で経験をする冒険旅行。以下EEE)を行っています。
 

「英語が話せるようになってから海外旅行に行きたい」と考えるのが一般的な発想かもしれません。

しかしLiでは、まずEEEで海外を旅行しな

がら実践的に英語を使い、「現地の人と話せる!」「英語が通じる!」という「経験」をすることを推奨しています。

 この「経験」こそが英語を話すことに対する「自信」を高め、さらに英語学習に対するモチベーションをも高めるということを、これまでのEEEを通して知っているからです。

EEEでは、普通のパック旅行とは違い、
(希望する方は)道中の車の運転や給油をしたり、宿泊先のチェックイン・アウトや、同行者全員分のレストランでの食事のオーダーも、順番を決めてすべて自分たちで行います。

必ずLiの教師が1人以上同行しますので、旅行中は24時間英語を使っている状態になります。もちろん、レッスンで学んだことを使って、現地の人とも積極的にコミュニケーションをとります。Liの教師が隣でサポートしますので、海外旅行が初めての方、英語を話すことに不安や抵抗がある方も安心です。

さらにEEEでは、英語だけでなく旅先の言語も学びます。
2017年の南米横/縦断EEEでは、英語プラス、現地の言語であるスペイン語を学びました。


これまでに開催したEEEの例

・カナダオーロラ・犬ぞりEEE

カナダのイエローナイフ(Yellowknife)は、一年を通してオーロラの出現率が高いことで知られています。

 

雪の中で犬ぞり(Dog Sledding)を楽しめるのもカナダならでは。

・カナダ横/縦断EEE

バンクーバー(Vancouver)を出発した直後の写真。RV(キャンピングカー)の運転は希望者が行いました。

持参した浴衣を着て、ロッキー山脈(Rocky Mountains)の前で記念撮影。

カナダの西のバンクーバーから東のトロント(Toronto)まで、4,000km余りをキャンピングカーで移動しました。写真はヘリコプターで上空から撮影したナイアガラ滝Niagara Falls )です。

・アメリカ横/縦断EEE

バンクーバーを出発し、アメリカのグランドキャニオン(Grand Canyon)へ。運転はもちろん希望者で。

セドナのデビルスブリッジ(Devil's Bridge)の上で。

西部劇でおなじみのモニュメントバレー(Monument Valley)を背景に。

・南米縦断EEE

EEEでは野生動物に遭遇することも。ゾウガメと一緒に。

ボリビアのウユニ塩湖(Uyuni)にて。

今後のEEEの目的地と学習言語

2018年は以下のEEEを予定しています。

 

◆英語&スペイン語の2カ国語を学ぶ南米縦断EEE

・ベネズエラ:エンジェルフォール(カールじいさんの空飛ぶ家の舞台)

・ガラパゴス諸島:ハンマーヘッドシャーク&ガラパゴスゾウガメとダイビング

・ボリビア&ペルー:ウユニ塩湖&ナスカの地上絵&マチュピチュ

・ブラジル:リオデジャネイロのカーニバル

 

英語&フランス語&イタリア語&スペイン語の4カ国語を学ぶヨーロッパEEE

(ヨーロッパでのEEEは初です!)

・イングランド

・フランス

・イタリア

・スペイン

 

◎アフリカEEE

エンジェルフォール

出典:Vista del Salto Angel en el Parque Nacional Canaima, Venezuela. By Paulo Capiotti