言語冒険旅行(English Experience Expedition:EEE)

Liでは、教師が同行し、世界を旅しながら言語を上達させる「言語冒険旅行」(English Experience Expedition)を行っています。
 

「英語が話せるようになってから海外旅行に行きたい」と考えるのが一般的な発想かもしれません。

しかしLiではまず「言語冒険旅行」で海外を旅行しながら実践的に英語を使い、「現地の人と話せる!」「英語が通じる!」という「経験」をすることを推奨しています。

この「経験」こそが英語を話すことに対する自信を高め、さらに英語学習に対するモチベーションをも高めるということを、これまでの旅行を通して知っているからです。

言語冒険旅行では、一般のパック旅行とは違い、
(希望する方は)道中の車の運転や給油をしたり、宿泊先のチェックイン・アウトや、同行者全員分のレストランでの食事のオーダー等、順番を決めてすべて自分たちで行います。

Liの教師が必ず1人以上同行しますので、旅行中は24時間英語を使っている状態になります。

もちろんレッスンで学んだことを使って
現地の人とも積極的にコミュニケーションをとります。

Liの教師が同行していますので、海外旅行が初めての方、英語を話すことに不安や抵抗がある方も安心です。

さらにこの「言語冒険旅行」では、英語だけでなく「現地で話されている言語」も学びます。

そのため「南米言語冒険旅行」では、英語にプラスして現地の言語であるスペイン語を学びました。

今後は「ヨーロッパ言語冒険旅行」も予定しており、現地では英語だけでなくフランス語・イタリア語・スペイン語なども学びながら実際に使っていくことができます。

過去の言語冒険旅行の写真

これまでの言語冒険旅行で撮影された写真の一部をご紹介します。

●カナダオーロラ・犬ぞり言語冒険旅行

カナダのイエローナイフ(Yellowknife)は、一年を通してオーロラの出現率が高いことで知られています。

雪の中で犬ぞり(Dog Sledding)を楽しめるのもカナダならでは。

●カナダを横/縦断する言語冒険旅行

RV(キャンピングカー)でカナダを横断します。写真はバンクーバー(Vancouver)を出発した直後のもの。車の運転は希望者が行いました。

バンクーバーがあるブリティッシュ コロンビア州とアルバータ州にまたがるロッキー山脈(Rocky Mountains)。
みんなで持参した浴衣を着て記念撮影をしました。

カナダの西のバンクーバーから東のトロント(Toronto)まで、4,000km余りをRV(キャンピングカー)で移動しました。
写真はヘリコプターで上空から撮影したナイアガラ滝
Niagara Falls )です。

●アメリカを横/縦断する言語冒険旅行

バンクーバーを出発し、アメリカのグランドキャニオン(Grand Canyon)へ。運転はもちろん希望者で行います。

セドナのデビルスブリッジ(Devil's Bridge)の上でポーズ。

西部劇でおなじみのモニュメントバレー(Monument Valley)を背景に。

●南米を横/縦断する言語冒険旅行

南米での言語冒険旅行では野生動物に遭遇することもしょっちゅうです。ガラパゴス諸島に生息する、ガラパゴスゾウガメと一緒に。

ボリビアのウユニ塩湖(Uyuni)にて。

今後の言語冒険旅行の予定

今後は以下の言語冒険旅行も予定しています。

 

英語&フランス語&イタリア語&スペイン語の4カ国語を学ぶヨーロッパ・言語冒険旅行

(ヨーロッパでの言語冒険旅行は初です!)

・イングランド

・フランス

・イタリア

・スペイン